水素水にはどんな効果があるのか

水素水は健康効果が期待できます

水素水にはたくさんの美容効果が期待できることがわかりましたが、それでは健康効果にはどのようなものがあるのでしょうか?
水素水というと美容のために若い女性が取り入れているようなイメージがありますが、実は少し上の年代の人や、男性有名人も健康のために水素水を取り入れています。

水素水には活性酸素を除去する働きが期待できるとご紹介しましたが、全身の活性酸素を取り除くことで自律神経を整えたり、細胞の老化を食い止める効果などもあるのではないかと考えられています。
そういった理由から、健康のために水素水を取り入れている人も多いのです。

有名人も健康の為に水素水を使っています

・郷ひろみさん
年齢を感じさせないパフォーマンスと歌声で活動している歌手の郷ひろみさん。
CMなどで見かけても体力の衰えなどはあまり感じませんよね。
その郷ひろみさんも、老化防止と健康のために水素サプリを愛用しているそうです。

・片岡愛之助さん
藤原紀香さんと結婚した片岡愛之助さんですが、水素水に力を入れている藤原紀香さんの影響で水素風呂に入浴していると結婚会見で明かしていました。
また藤原紀香さんは料理にも水素水を使用しているとオフィシャルブログで報告しているので、片岡愛之助さんも同じように水素水を取り入れた料理も食べているのではないでしょうか。

・安田美沙子さん
ママタレとしても人気の安田美沙子さんですが、体調を崩したときに水素水を取り入れているようです。
自分だけではなく家族のためにもアンチエイジングや病気予防に力を入れたいという思いが伝わってくるようですね。

こうして見ると、人一倍健康に気を使っている人が、水素水を取り入れているようです。
では、水素水は健康面ではどのような効果が期待できるのでしょうか?

脳の病気にも効果がある水素水

アルツハイマーや脳梗塞など、脳の病気はいつ発症するか分かりません。
いくら健康に気をつけていても脳の状態は自分で確認できないため、不安を感じている人もいるのではないでしょうか。
そんな中、水素水は脳の細胞の活性酸素を除去することが期待できるので、アルツハイマーや脳梗塞、認知症など様々な脳の病気の予防ができるのではないかと考えられています。
脳は人間の体の中でも特に大切な器官ですので、いつまでも健康を保ちたいですね。
またその他にも記憶力や学習能力を高める効果も期待できるので、最近物忘れが多くなったという人や、仕事が忙しいからもっと記憶力を高めたい!という人にもいいかもしれません。

水素水は生活習慣病にも効果あり?

水素水を取り入れることで、血流を良くして血液をさらさらにする効果が期待できます。
血行が良くなると免疫力が上がったり、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の予防や改善が期待できるだけでなく、老化を遅らせる効果も期待できます。
厚生労働省の「2010年国民健康・栄養調査」によると生活習慣病は40代から増えてくるということなので、40代以上の人は今よりも健康になるために、30代の人は40代になった時にベストな体になるために、健康な体を計画的に作っていく事が大切です。

水素水で疲労回復

今までは美容と健康の効果についてお伝えしてきましたが、水素水にはまだご紹介していない「期待できる効果」があります。
それが、疲労回復効果です。
なぜ、水素水は疲労回復に効果が期待できるのでしょうか?
それは、人間の疲労の原因が、活性酸素だと言われているからです。
人間が体内でエネルギーを生み出すときに活性酸素ができるのですが、これに対抗する抗酸化酵素が体内に足りないと、活性酸素が除去できず、疲労が溜まってしまうのです。

30代や40代の皆さんの中には、「なんだか若い頃に比べて疲れやすくなったと」思っている人もいるのではないでしょうか。
これにはちゃんとした理由があります。
なんと活性酸素に対抗する抗酸化酵素は若い頃は体内に沢山あるのですが、30~40代以降に大幅に減少してしまうのです。
そのため、疲労を感じやすくなってしまうのですね。

しかし、水素水はその疲労の原因である活性酸素を除去する効果が期待できるため、疲労回復に効果があると考えられているのです。
では、どんな場面で効果が期待できるのでしょうか?

肉体労働をしている人にオススメの水素水

過酷な肉体労働を仕事としている人にとって、いかに疲労を蓄積せず次の日に体をベストコンディションにもっていくか、ということは、非常に重要なことだと思います。
また体が資本ですので、健康に気をつけながら疲労を回復することで、仕事のモチベーションも上がっていくのではないでしょうか。

スポーツやジムの後に使用しましょう

そして肉体労働の仕事と同じく体が資本なのが、スポーツ選手です。
特にプロのスポーツ選手は、試合などで体を動かす以外に、ジムなどで行うトレーニングでも疲労が溜まります。
アマチュアの選手でも運動後に疲労を溜めないようにするのは大切なことですが、一流のスポーツマンにとって、疲労は大敵と言えるでしょう。

そんな中、野球のイチロー選手や、ゴルフの石川遼選手などのプロのアスリートが、ペットボトルやパウチの水素水を愛飲しているという情報があるのです。
イチロー選手といえば、日米通算ではありますがピート・ ローズ氏が持っていた歴代最多安打記録4256安打を更新したり、10年連続200安打など数々の記録を持つ生きる伝説です。
そういった一流のアスリートも取り入れているということなので、スポーツやジムで汗を流した後には水素水を取り入れて、疲労の軽減に力を入れてみるのもいいのではないでしょうか。

なお水素水に含まれる水素は空気に触れると出ていきやすいので、密封容器に入っているものは必要な時に開封するようにしたり、水素水サーバーで作る場合は時間を逆算しながら作るなどして、必要な量を短時間で使い切るようにしましょう。